有給はどれくらいとれるの?

保育園看護師 → 保育園看看護師の有給休暇の実態

保育園看看護師の有給休暇の実態

看護師の職場は病院が多いですが、病院の職場環境はとてもハードなものになっています。看護師の仕事は体力的も負担がかかる事も多いですが、これは常に多くの患者さんと接し、緊急で容態の悪化する患者さんもいるため、その対応に追われるなどの事があるためです。
保育園看護師求人

また、夜勤もあり、少なくともひと月に数回は夜勤をしないといけないと決められている事も多く、それも看護師の仕事を忙しく、厳しい仕事にしている要因となっています。こうした中で休みを取るのは、全国の職場でかなり難しくなっているのが実際の所です。

基本的には労働基本法という法律で、有給休暇を申請した場合に、上司の方はそれを拒否して休暇を認めないという権利はなく、有給を取らせないといけないという形に決まっています。ただし、実際の現場では周りのスタッフの方との人間関係もあり、休んだ分他の方への影響が出てしまい、後で反感を買うのが怖いという理由で、簡単に休めない方も多いのが実際の所です。

全国的な看護師の有給休暇の消化率は50%を切っており、中には有給を1日も取る事ができないという方も多くいます。有給を次の年度に使えるように、持ち越しをしてくれたり、有給を買取ってくれるという職場もありますが、これはかなり少ないケースで、ほとんどの職場では有給が取れない現状がそのまま続いてしまっています。

これから転職を考えている方は、こうした休みが取りやすい職場かどうかは確認しておく事をお勧めします。こうした有給が取りにくくなるケースが起こりやすいのは、職場が忙しくなりやすい病院に多いです。

逆に介護系や医療関連施設などは比較的落ち着いて働ける環境で、有給が取りやすいように配慮されている職場もあります。自分が休みを重視したいのか、あまり休みは気にしておらず、取れないのが前提として、スキルアップをしていきたいのかによって職場選びは変わってくるため、今一度自分の希望を確認しておくと良いでしょう。

転職サイト-大手と新しいサービスの違い

転職サイトには大手が運営しているものと、最近出てきた新しいタイプの転職サイトがあります。どちらも特徴があり、まず大手が運営しているサイトは、特に求人の量は多くなっています。大手の企業が運営しているため、これまで求人を紹介してきた多くの企業との繋がりがあり、求人の掲載依頼がされやすくなっています。

そのため、いつチェックしても新しい求人が多く入ってきていたり、その質も安定して良い内容のものが多くなっています。転職アドバイザーの質もそれまで培ったノウハウを蓄積して、スタッフの方にフィードバックされているため、アドバイザーの方の知識量も豊富にあります。

相談や質問をしてもそれまでの転職サポートの中での事例を参考に教えて貰えるため、信頼度も高いです。そのため、大手サイトはまず利用して損はないサイトと言えます。続いて新しい転職サイトですが、こちらは時代の流れに合わせた新しいサービス内容になっている事が多いです。

口コミを豊富に掲載していて、企業選びの参考にしやすい、様々なライフスタイルの方が増えてきている中で、こだわりの求人検索ができるなど、そのサイト独自のサービス内容になっている事が多いです。

また、大手に比べると求人数はやはり少なめになりますが、サービスの質は向上させないと大手に負けてしまうため、大手以上に力を入れて、利用者を伸ばそうと頑張っているサイトもあります。そういった意味では利用する価値はあるサイトです。また、こうしたサイトでは転職が決まるとお祝い金が支給されたりと、キャンペーンを行っている所も多くあります。

もちろん、お祝い金目当てで最終的な転職先を決める事はお勧めしませんが、全て判断した上で、お祝い金が貰えるサイトの企業に転職を決めるなら、それは良い選択と言えるでしょう。求人やアドバイザーの質を良く確かめながら利用していきましょう。利用するのは無料なので、一度チェックしてみるのはお勧めです。